有機π電子系学会会則

 

第1条(名称) 
本会は、「有機π電子系学会」と称する。
英文名は、"The Japanese Association for Organic p-electron Systems" とする。

第2条(事務局)
本会の事務局は、本会会長の勤務する大学・研究所内に設置する。

第3条(目的)
本会は、有機π電子系化合物に関する研究を推進し、その有効利用を図ることにより社会の発展に寄与することを目的とする。

第4条(事業)
本会は、 学術研究会を年に1回をめどに開催、会報を発行する。学術研究会では、有機π電子系化合物に関する研究内容の発表および討議、製品開発への可能性の検討を行なう。そのほか、本会の目的達成に必要な事業を行なう。

第5条(会員構成)
本会の会員は本会の目的、事業に賛同し、所定の手続きを行った個人(学生を含む)または法人(法人格のない団体を含む)をもって構成し、その名を会員名簿に記載する。

第6条(法人会員)
1. 法人会員は代表者1名を決め事務局に届け出なければならない。
2. 法人会員である法人に所属する者は、代表者を含め10人まで本会の事業に参加できる。

第七条(役員)
1. 本会には、次の役員を置く。

  会長 1名
  副会長 若干名
  評議員 数名
  幹事 10名以上
  代議員 50名前後

2. 会長は、本会を総括し、幹事会ならびに総会では議長となる。副会長は、会長不在の場合等その必要のある場合には、会長の職務を代行する。
3. 評議員は、本会の基本的な運営方針に意見を述べ、もしくは助言を行なう。
4. 幹事は、幹事会を構成し、学術研究会をはじめとする本会の事業の運営方針を立案し、これを推進する。会の効率よい運営のため、会計幹事1名および総務幹事1名を置くこととする。
5. 代議員は、幹事会の活動を補佐する。
6. 上記役員のほか、本会の事業推進に必要な役職分担者若干名を置く。

第8条(役員の選任および任期)
1. 会長および副会長は、幹事の互選により選出されるものとし、その任期は1年とするが、再任は妨げない。
2. 評議員、幹事および代議員は、幹事会の推薦により選任されるものとし、その任期は3年とするが、再任は妨げない。また、本部幹事の任期に関しては別途内規で定める。

第9条(総会)
本会の総会は学術研究会の期間中に開催し、事業、会計、会則の改正等を定例議事とし、その他、会務の立案、執行に関する重要事項を審議する。

第10条(会則の改正)
1. 本会の会則の改正は、幹事会の議決とその後に開催される総会の承認に基づいて行われる。
2. 細則は幹事会の議決により立案し、もしくは修正することができる。

第11条(会の存続)
本会の存続は、幹事会が3年ごとに討議する。幹事会が、必要と認めれば本会は存続するものとする。本会の終了は、幹事会がこれを議決し、その後に開催される総会で出席会員総数の2/3以上の賛成を受けて決定する。

細 則
第1条 本会の運営に必要な事項は、この細則に定める。
第2条 細則の立案および修正は、会則第10条第2項により、幹事会が行なう。
第3条 会則第7条に定める役員は別記の通りとする。
第4条 会則第5条の個人(学生を含む)の入会に際しては、個人会員は当研究会役員(評議員、幹事、代議員)1名の推薦、学生会員は指導教官の推薦を必要とする。最終的な入会は幹事会の承認により決定する。

内 規
第1条 会長、副会長は本会の運営に寄与した教授職に就く者より選任する。
第2条 幹事は教授職に就く者より選任する。
第3条 評議員は本会OBより選任する。
第4条 代議員は教授、准教授、講師、助教職に就く者より選任する。
第5条 企業に所属する会員を幹事または代議員に選出する場合は、幹事会で議決し、その後に開催される総会で出席会員総数の2/3以上の賛成を受けて決定する。
第6条 会の運営費は会員からの寄付をもって充て、会費は当面徴収しない。
第7条 会報は学術研究会の要旨をもってこれに充てる。 第8条 会長の選任は学術研究会中に開催される幹事会で行い、総会での同意を得た後、学術研究会終了をもって会長職を交代する。
第8条 会長の選任は学術研究会中に開催される幹事会で行い、総会での同意を得た後、学術研究会終了をもって会長職を交代する。 第8条 会長の選任は学術研究会中に開催される幹事会で行い、総会での同意を得た後、学術研究会終了をもって会長職を交代する。